カテゴリ
リンク
 
 

スポンサーサイト

 
--/--/--(--) Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
Comment  |  Trackback
 
 

みかん酵母のクロワッサン

 
2012/01/18(Wed) Category : パン日記

みかん酵母のクロワッサン試作です。

出来上がった酵母とクロワッサン。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
">

クロワッサンというと、バターシートを折り込みますがバターは使わないラルゴのパンには何がおりこんでいるのか?
これで~す!真ん中はショコラクロワッサン。マーガリンも使っていません。 知りたい方はぜひレッスンにきてくださいな。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
 

ホームべーカリーでつくる 自家製酵母の紫芋マーブル食パン

 
2011/08/30(Tue) Category : パン日記

8月初級で作ったチョコマーブルの応用でむらさき芋マーブルを焼いてみました。
紫の色がきれいですね!シートはチョコマーブルの材料のココアをむらさき芋パウダーに
置き換えています。酵母は梅酵母。
粉など生地の配合ははラルゴブレッド基本生地。

今回はむらさき芋パウダーを使いましたがこれから、さつま芋の収穫時期になりますので
次回は茹でてマッシュしたのもので焼いてみたいと思います。
ホームベーカリーで焼いたチョコマーブル食パンは
http://largopan.blog107.fc2.com/blog-entry-290.html
をご覧くださいね!

 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
 

3枚おろしもできます!バーガー用バンズ

 
2011/05/19(Thu) Category : パン日記

毎年この時期は行楽の季節なのでピタ・バーガー・ホットドックなどアウトドアで楽しめるメニューをいれています。今月はピタとラップサンドでした。6月はハンバーガーです!ハンバーガ用のパンのことをバーガーバンズなどどいいます。これは専用の型に生地をいれ発酵、焼成します。
ところがちょうどいいサイズがなかなかありません。
私の好みはバーガー用は高さが35ミリ。直径は100ミリか80ミリ。このあたりのものってありそうでないのです。
そこで父に作ってもらいました。実は私の父は金型の職人なのです!意外なところで助けてもらっています。
ちなみに銅版の天板を使っていますがこれも数枚父に作ってもらいました。焼きが違います!

  さて、左の写真はの型底はないセルクルというタイプです。焼きの良い、ボリュームのあるバンズができました。これだけあれば3枚おろし(3枚にスライスすることです。)してビックマック用にもできます!これにベジハンバーグをはさんでベジバーガーをつくります。
この大きさですとプチケーキなどデザートにも、厚みのあるイングリッシュマフィンにも使えます。また底ののないセルクルの方がいろいろなメニューに活用できます。
市販より厚みのあるステンレス製。一生ものの型です。とりあえず4つ作ってもらいましたがレッスン用にあと数個と元気なうちに(?)娘2人の分も作ってもらっておこうかと思いました。

どんなベジバーガーになるのかできましたら報告します!6月のマクロランチメニューになります!お楽しみに!

 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
 

国産小麦でおいしくつくるコツ

 
2011/05/03(Tue) Category : パン日記

最近、地粉でつくるとパンが硬いという話をよく聞きます。レッスンではノースランドという北海道産のパン用強力粉をメインに使っています。地粉や南部小麦より膨らみやすく初心者の方には作りやすいためこれを選んでいます。でも地粉や南部でで作るとどっしりした食感と深い味わいのパンになり外国産小麦にない個性のあるパンになります。ある方が「焼く前のお餅のように硬くなった。」とお話され試しに地粉と南部小麦を使ってラルゴブレッドを作ってみました。4月レッスンで使ったのグリーンレーズン酵母をストレート法でこねました。


   
 オーバーナイトさせた後
たためる発酵器で
28度12時間発酵させました。
時間かかりましたね。
   南部地粉。従来はもっと気泡ができ地粉より膨らみますが開封ご4ヶ月経過していたので膨らみがいつもよりいまいちでした。これ勉強になりました。
   こちらは地粉。実はこねる直前に開封しました。粉の鮮度も関係していることがよくわかりました!
         
  
 
   
 ラルゴブレッドとくるみレーズンの他に
桜あんぱんと小豆スティックにしました。
和テイストなメニューが合いますね!
かむほどに小麦の香りと甘味を感じます。

   これは酵母も作り方も同じ方法でノースランドで作ったもの。パン用につくられてるので膨らみはこちらがいいですね。    


2次発酵以降は地粉も南部も差はなく、硬いということはなくもっちりどっしりした生地になりました。かむほどに小麦の香りのあるパンです。粉に合ったこね方と正確に温度管理して発酵させればおいしくできます。ただ時間かかりますので簡易的な加温では十分な加温できないことがあります。加温不足で2次発酵まで進んでしまうと硬い焼きあがりになるようです。こねあげ温度と発酵温度を守り開封直後の粉を使うようにするとおいしい地粉のパンができます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
 

マチャミさんのオレンジロール

 
2011/04/20(Wed) Category : パン日記
遅くなってすみません。こちらは3月のレッスンの後マチャミさんから送っていただいた写真です。

  ***マチャミさんより***
みかん酵母にグリーンレーズン酵母を足して、オレンジピールを巻いて焼きました。型に入れずに切りっぱなしで焼きましたが 美味しそうに見えませんか?実は、今回 初めて ストレート法で作ったんです。(いつも液種なので)でも、今までで一番美味しパンになりました。酵母液を使いきろうと思って作ってみたのですが手軽で美味しいですね。

オレンジの色がとても綺麗ですね!酵母は生きものです。それを感じながら作っている様子が伝わってきました。そして、すばらしいのがレッスンで覚えたレシピからオリジナルメニューを作って いることです!これからも素敵なメニューを作ってみてくださいね!

 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
Home | Top ▲
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。