カテゴリ
リンク
 
 

スポンサーサイト

 
--/--/--(--) Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
Comment  |  Trackback
 
 

日本ニーダーさんのたためる発酵器と天然酵母培養器

 
2011/04/27(Wed) Category : パンニーダー

日本ニーダーさんから発売されている「たためる発酵器」と近日発売される「天然酵母培養器」のご紹介します!ラルゴの生徒さん以外の方や導入を検討されている先生方も参考になれば幸いです。


それでははじめます!
酵母は生き物です。決まった温度になると活動します。いい酵母を育てるには新鮮な酵母の材料、清潔な環境、適切な温度が必要になります。
またこれらがそろっていれば確実に酵母クンたちが育ちおいしいパンを作ってくれます。

まずはこれを。たためる発酵器です。これがあれば酵母づくりからパン生地の発酵まで全て行えます。中はとても広いので酵母を育てつつ、パン種やこねた生地の発酵も可能です!とても軽いうえ分解組み立てもカンタン!自家製酵母以外の市販天然酵母、もちろんイーストも。とにかくパンを焼きたい方にはおすすめです!

レーズン酵母とプチトマト酵母をたためる発酵器で培養中の様子です。
温度と時間を設定しておけばあとはお任せです!

この春ラルゴの生徒さん数名がこの発酵器を購入しました!そのお一人の感想とパンの写真です。
~発酵器で液種を作り、エピとブルーベリー入りの丸パンを焼きました。昨日から今朝まで一次発酵させましたが、膨らみ方に大感激です。ER粉でピール入りエピ4本と強力粉でブルーベリー入りの丸パン8個焼きました。今までどうも膨らみ方が今一な感じだったのが、教室で作る時のようにふっくら出来上がりました。うれしくて、毎日焼いてしまいそうです。~


製品詳細は日本ニーダーさんのホームページをご覧ください。
http://kneader.jp/  

続いて、近日発売の「天然酵母培養器」です。
中に酵母の材料を入れます。28度に保たれますので電源をいれたら後は培養器さんにお任せです!
湯たんぽなど簡易的な加温ですと時々温度計で確認が必要、ヨーグルトメーカーですと温度設定があってない又は加温不足でいい酵母を育てるのが難しいです。この培養器があればとても楽に、かつ確実に酵母を育てることができます。

     
 これが天然酵母培養器 天然酵母培養器で完成したレーズン酵母。 ビンをいれて発酵させることもできます。少量作りたい時に便利です。これは100円ショップに売っているビン。少量の酵母を育てるのに最適です。(^^♪偶然にも培養器のふたがちょうどはまりました!  レーズン酵母の発酵が盛んになっている時の様子。もう1日経過すると酵母液の出来上がりです。
   
完成したグリーンレーズン酵母とあと1日で完成のいちご酵母
レーズンに慣れたら季節の酵母を
育てるのも楽しいですヨ!
 左のいちご酵母で作ったいちご酵母食パン レーズン酵母のレーズン食パン。
いい酵母ができればこんなに釜のびしたパンもできます!


培養器に私の培養方法を掲載することになりました。酵母の育て方の詳細はそちらをご覧いただければと思います。

さらに!自家製酵母だけでなく「ホシノ天然酵母」も培養できます。

 
 天然酵母培養器で完成したホシノ天然酵母 ホームベーカリーに付属していた小さいビンにいれて発酵させています。  できました! ぐーんと釜のびしたパンが焼けました!

ホシノ天然酵母の作り方はカンタンですのでここでご説明します!

ホシノ天然酵母(元種)の倍の重量の30度のお湯をいれお箸でぐるぐるかき混ぜ、24時間培養器の中にいれておく。数時間すると泡が立ってきます。20時間経過する頃泡がおさまり24時間後出来上がりです。

ホシノ天然酵母は50グラム袋に入って売っています。通常1袋まとめてつくり冷蔵庫で保管することが多いと思います。私もそうでした。1週間以内でしたら使えますが時間の経過とともに発酵力は落ちます。最近は使いたい1回分だけ作るようにしています。
1斤ですと約30グラム種が必要なので10グラムの元種に20グラムのお湯をいれ発酵させます。厳密にいうとできあがり25グラムから28グラムでもいいのですが計量が面倒なので大さっぱにできあがり30グラムとしています。
ホシノ酵母のパンはすでに公開していますのでこちらもご覧になってください。発酵はたためる発酵器で行っています。

製品詳細は日本ニーダーさんのホームページをご覧ください。
http://kneader.jp/ 

見学や試用ご希望の方はラルゴまでご連絡くださいね!
email  info_largo@yahoo.co.jp

次回は酵母の育て方コツQ&Aを書きたいと思います。お楽しみに!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
スポンサーサイト
 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
 

Trackback

 

Trackback URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
 

Comment

 

    
 
Home | Top ▲
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。