カテゴリ
リンク
 
 

スポンサーサイト

 
--/--/--(--) Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
Comment  |  Trackback
 
 

べたつく生地とドライフルーツもOK

 
2010/08/29(Sun) Category : パンニーダー

パンニーダーでべたつく生地をこねたらどうなるか?ドライフルーツをいれたらつぶれないか?試してみました。

作ったのは「ライ麦のフルーツスティック」自家製クラスでは春にいちご酵母で作りました。水分多めなのとライ麦いりなのでべたべたしてこねにくい生地です。このパンはお手本があります。それは「カフェデンマルクさんのシュコルン」です。ドライフルーツと雑穀やナッツの甘さが気に入りシュコルンサンドの食品表示を参考にして自家製で作ったものです。

シュコルンはこちらにのっています。

いちご酵母にぴったりのパンです。今回は梅とレーズンのミックス酵母でつくってみました。梅の酸味とレーズンの甘さもとても合います。

こねてる状態です。5分後、ドライフルーツを入れました。今回はレーズンカレンツ、プルーン、クランベリー。初めはワークボウルにべっとりくっついてこの後どうなるかはらはらしてみていましたが。10分後キチンとまとまりました。



ドライフルーツもつぶれることなくこねあがりました!



1日冷蔵発酵後、常温で2倍に膨らんだ状態です。



太めに伸ばした後、きゅっとねじり2次発酵させ焼き上げます。この成型法は作りやすくレッスンでも楽しく作っています。ねじれた生地は独特の食感がありとてもおいしいです。そのままがぶっと食べても、薄く切って、お茶やワインのお供にもぴったりです。お砂糖不使用、鉄分、食物繊維たっぷり、美肌に!お通じに!美人のパンです。





カフェデンマルク風に馬蹄型にしました。豆乳クリームチーズとジャムをはさみマクロビオティック風シュコルンサンドもとてもおいしいです。





シュコルンブロート風にしました。





この生地はべたついてこねにくく力もいりコネが難しいパンです。0.5斤以上は疲れます。ニーダーさんに手伝ってもらえると助かりますね。そのうえしっかりこねてくれるのでシュコルンと変わりないとてもおいしい生地になりました。

「ごパン」と言われていたりする、炊いた玄米ご飯を一緒にこねたねるパンがあります。これもお米の甘味を感じるじるおいしいパンですが、今回と同様に手こねは大変な生地です。こういったパンも得意分野のような気がしました。また試してみます。



スポンサーサイト
 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
 

Trackback

 

Trackback URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
 

Comment

 

    
 
Home | Top ▲
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。