カテゴリ
リンク
 
 

スポンサーサイト

 
--/--/--(--) Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
Comment  |  Trackback
 
 

一物全体 ラルゴのレーズンブレッド

 
2010/05/27(Thu) Category : パン日記
一物全体(いちぶつぜんたい)とは、全体として分割されていない状態のこと。マクロビオティックでは食材を丸ごと使用するという意味で使われています。穀物を精白しない、野菜の皮や根菜の葉っぱも食べる。パンづくりも同じ。ラルゴのパンでは酵母液のレーズンも漉して捨てずに酵母液とともにこねパンにします。

酵母液を作り数回かけつぎながら使っていきますね。そのうち酵母の沈殿が減りそろころ更新時かなと思われるとき残ったレーズンとともにストレート法でこねて使い切ります。今週ちょうどそんな時期に酵母液があったのでこねてみました。

1次発酵が終わった状態です。


裏を見ると気泡がたくさんできていますね。黒いものはレーズン酵母のレーズンです。


カンパーニュにしました。



少し別にとっておいた生地でワッフルを焼いてみました。ここには自家製無糖チョコレートとくるみ、レーズンをいれています。生地こね時にいれた油ときび砂糖以外には油も砂糖も入っていませんが甘さ物足りないことはありません。自然の甘みがタップり入っているからです。



ところでレッスンではワッフルといいますと、液種あるいは酵母液から作る方法でやきましたが「ラルゴの基本生地を
一握り丸めワッフルベーカーで焼いてもこのようなワッフルになり違ったおいしさがあります。

お好みの具を丸めるときに少量いれてみてください。
ピンポン玉程度を丸め2次発酵させワッフルベーカーで焼けばOKです。




茶色ぽいのがレーズン・黒っぽいのが自家製無糖チョコです。「お砂糖を使わない」といってもきび砂糖、米飴、メープルシロップ、アガベシロップ、羅漢などを使っています。これは違います。それらのような甘味料は使わずに作ったチョコです。自家製クラスの方は2月にレッスンします。
スポンサーサイト
 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
 

Trackback

 

Trackback URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
 

Comment

 

    
 
Home | Top ▲
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。