カテゴリ
リンク
 
 

スポンサーサイト

 
--/--/--(--) Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
Comment  |  Trackback
 
 

プチトマト酵母

 
2010/07/30(Fri) Category : パン日記

プチトマト酵母

8月にレッスンしますプチトマト酵母です。



プチトマトがなり始めました。去年も育て、夏はこの酵母でパンを焼いていました。このほんの少しトマトの味と香りがありますが癖のない使いやすい酵母です。自家栽培の無農薬なのでとても元気な酵母ができます。



梅やびわと同様表皮が硬いので酵母がおきるのに時間がかかります。こんな猛暑ですと、酵母がおきるのも早いですが他の雑菌などの繁殖も早い。いかに早く酵母をおこすのがポイントになります。コツは6月にレッスンした「冷凍発酵法」です。

もし自家栽培や無農薬の収穫したて(ココがポイント!)のプチトマトがありましたらビニール袋にいれて冷凍庫に保管してください。

通常3日かかる発酵が2日でこの状態になります。



3日め出来上がりです。皮がはじけ美しい赤い酵母液になりました。



こうなればあとは4月からレッスンしていたパン作りでおいしいパンが焼けます。ストレート法か6月にレッスンした「2回連続培養の液種法」がおすすめです。気温も湿度も高いので短い発酵時間で作る方法がおすすめです。

ストレート法でこねた状態です。今までは液だけ使っていましたが今回は丸ごとミキサーにかけてこねてみました。自然なピンク色になりました。



これは2回連続培養の液種です。





ラルゴブレッドにしてみました。





ピンクのつぶつぶはトマトの皮です。食べても気になりません。もっちりした酵母です。でもいちご酵母のもっちりとはちょっと違う食感です。癖がないのであらゆる種類のパンが焼けます。

4月にレッスンしたポモドーロピザの夏バージョンを焼いてみました。今回は夏野菜をたくさんソテーしました。



ピタパンです。たくさん焼いて冷凍しておくとお出かけのお弁当に便利です。



夏休み、こどものおやつにドーナッツにしました。ラルゴブレッドの基本生地を好きな形に成形して180度で揚げます。ベーキングパウダーの生地とは違い、発酵して膨れますので油を吸いませんのでカラリと揚がります。


8月のレッスンでつくるトマト酵母のナンとひよこ豆のベジカレーです。





8月は暑い夏に楽々パンづくりをテーマにしています。ナンはインドのパンです。トマト酵母で作るとふっくらもちもちのナンができます。発酵も焼成もとてもカンタン、手早くできますので暑い夏におすすめ、ご家族で楽しく作れます。カレーも長く煮込まなくてもおいしくできる食材と作り方をご紹介します。楽しみにしてください。



ということで8月予定していましたお焼きは2月に変更します。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト
 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
Home | Top ▲
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。